ステンレス鋼は機械加工が難しい金属であり、特殊な切削工具を使用する必要があります。切削速度が速いほど、熱と加工硬化が大きくなるため、遅い速度を使用することをお勧めします。これにより、チップ破損の可能性も減少します。このプロセスには、正確さと忍耐が必要です。

304 ステンレス鋼の加工

ステンレス鋼を機械加工するには? 2

304 ステンレス鋼を扱う場合、いくつかの点に留意することが重要です。まず第一に、この鋼は非常に強靭で、機械加工ツールの優れた候補となります。ナット、ネジ、ギアの製造にも役立ちます。このグレードは 304 よりもはるかに低い炭素含有量ですが、優れた機械加工性を備えており、食品加工業界、染色業界、および建築部品で有用です。最後に、304 ステンレス鋼の加工に最適な機械は大型のミルまたは旋盤です。これらのタイプのツールは低速では便利ですが、高速ではあまり役に立ちません。

ステンレス鋼は機械加工が難しいことで知られていますが、いくつかのベスト プラクティスに従うことで、これらの材料の加工を容易にすることができます。適切な送り速度を選択することと同様に、適切なツーリングが重要です。また、使用している鋼に適切な切断形状があることを確認する必要があります。機械加工性に影響を与える可能性のあるその他の要因には、合金への銅、鉛、および硫黄の添加が含まれます。これらの要素は切りくずの延性を低下させ、より少ない労力で切りくずを折ることができます。

ステンレス鋼にはさまざまな種類があります。タイプ 304 ステンレス鋼が最も一般的なタイプで、通常はスイス型旋盤で加工されます。高い加工硬化特性を持っていますが、機械加工にも非常に強靭です。これは、この材料を損傷することなく処理できる機械が必要であることを意味します。

316 ステンレス鋼と比較して、304 は等級 316 よりもはるかに機械加工が容易です。この等級のステンレス鋼は、歯車や継手など、公差が不可欠な用途によく使用されます。グレード 304 ステンレス鋼は、タイプ 316 よりも洗浄が容易で、耐食性にも優れています。

グレード 316 ステンレス鋼はグレード 304 よりも高価で、モリブデンとニッケルが多く含まれています。塩化物や酸に対する耐性は優れていますが、金属含有量が多いほど高価になります。ただし、クロムカーバイドが析出する可能性が低くなるため、腐食性の高い環境にも適しています。

高品質の機械加工部品を探しているなら、仕事を成し遂げることができるはずです.見栄えがよく、耐食性が向上する完成品を持つことには、いくつかの利点があります。ただし、耐食性を低下させる粗い表面には注意してください。サンドブラストは、黒色酸化層を除去し、鋼の自然な色を得る優れた方法です。

部品の加工が終了したら、腐食を防ぐために適切に洗浄する必要があります。これは、溶剤または従来の脱脂剤を使用して行うことができます。ワークピースを酸洗いして、さらに保護することもできます。さらに、ピースに使用された切削液も除去する必要があります。

LDX 2101 ステンレス鋼の加工

LDX 2101 は、高い機械加工性と耐食性を備えた非常に用途の広い二相ステンレス鋼です。優れた機械的特性、低ニッケル含有量、および低熱膨張により、さまざまな製造用途に最適です。他の二相ステンレス鋼と同じ工場の慣行を使用して製造できます。

このステンレス鋼種は、広範囲の環境で高い全面耐食性を持ち、局部腐食に対する優れた耐性を備えています。また、隙間、孔食、塩化物応力腐食割れに対しても優れた耐性を示します。このため、そうでなければオーステナイト鋼の早期破損を引き起こす環境で機能することができます。

冷間圧造試験は、鍛造および焼きなまし状態のサンプルで実施されました。これらの測定値は、鋼の表面に観察された亀裂の量に基づいていました。鍛造状態では、最大 1.0% Cu を含む LDX 2101(r) 合金がテストに合格しました。アニール後、銅を合金に添加すると、冷間圧造試験の結果が向上しました。

さらに、2101 は高温耐酸化性に優れていますが、300℃を超えると脆化するため、完全溶体化焼鈍で改善できます。また、二相ステンレス鋼によく見られる延性から脆性への遷移も起こしやすいです。この鋼は、加工硬化または熱処理によってさらに硬化させることができます。

LDX 2101 は、その優れた耐食性と強度により、淡水化システムに最適です。これは、これらのアプリケーションでは一般的な選択であり、いくつかのテストで成功が証明されています。例と推奨事項については、以下を参照してください。さらに、他の産業用アプリケーションにも最適です。

二相ステンレス鋼は、標準的な電気技術を使用して溶接できます。 2209 製のフィラー ロッドは、バランスの取れた二重構造を保証します。熱膨張係数が低いため、歪みと関連する応力が減少します。 LDX 2101 は強度が高いため、316 よりもわずかに機械加工が容易です。

鋼の最も重要な要素はクロムであり、これにより望ましい二重特性が得られます。この元素が少ないとマルテンサイトになり、クロムが多いと二重構造がより不安定になります。したがって、ステンレス鋼の機械を選択するときは、クロム含有量を確認してください。

SAE 17-4PH ステンレス鋼の加工

この合金を機械加工するには、さまざまな方法を使用できます。必要な寸法安定性に応じて、析出硬化または溶体化処理された状態で機械加工できます。超硬工具または高速工具で機械加工できます。最良の結果を得るには、後熱処理の適用を検討する必要があります。

このタイプの鋼は、優れた靭性、延性、および耐食性を備えています。ほとんどの高強度鋼よりも優れており、石油化学および食品加工産業で一般的に使用されています。また、インベストメント鋳造でも利用できます。この材料を機械加工に使用する場合は、その組成と特定の用途に適した温度を確認してください。

17-4PHステンレス鋼は、耐食性に優れた高級素材です。摂氏480~620度の温度に耐えることができます。この材料はまた、非常に費用対効果が高く、機械加工が容易です。その特性により、多くの一般的な金属加工用途に適しています。 304 および 304L グレードと同様の特性を持ち、石油化学機器、製紙および食品産業で使用されます。

17-4PH ステンレス鋼は、クロムとニッケルを含むマルテンサイト合金です。強度と耐食性に優れ、析出硬化が可能です。溶接に適しており、汎用性の高い材料です。この合金を低温で機械加工しても、良好な結果が得られます。

17-4PH は、航空宇宙で一般的に使用される合金です。優れた耐食性と高い引張強度を備えています。また、他のPHグレードよりもフェライト含有量が増加しています。それはまた磁気です。適切な機器で簡単に加工できます。さまざまな形状やサイズに成形および成形することができます。

ステンレス鋼 17-4PH は、シールド フュージョンまたは抵抗溶接プロセスで溶接できます。ただし、オキシアセチレンは溶接プロセス中に炭素を拾う可能性があるため、オキシアセチレン溶接は推奨されません。 17-4PHを溶接するには、17-4PHタイプの特性を持つ溶接棒を使用する必要があります。材料を良好な状態に保つために、標準の潤滑剤を使用する必要があります。

適切なツールを選択しない限り、ステンレス鋼を機械加工するのは簡単ではありません。 Meetyou Carbideは特別に開発しました ステンレス鋼用エンドミル ステンレス鋼の加工で高い性能を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。