バリは大きくありませんが、製品の品質に直接影響します。そのため、さまざまな業界がバリ取りに注目して、バリ取り方法が無限に広がっています。一般的に使用されるトリミング/バリ取りは次のとおりです。

Deburring, chamfering these small processes are often in the work can not be underestimated, today we summarize some of the information shared in the past, hoping to bring help to everyone’s work.

手作業

伝統的;トリミングナイフは、技術的な処理、コスト削減、環境保護なしで、これらの従来の方法に徐々に取って代わります。  

化学法

バリを簡単に取り除く方法に関する10の方法2

電気化学反応の原理に基づいて、金属部品のバリ取りを自動的かつ選択的に行うことができます。空気圧、油圧、エンジニアリング機械、ノズルオイルポンプ、自動車、エンジン、その他の業界で、ポンプ本体、バルブ本体、コネクティングロッド、プランジャーニードルバルブカップルなどのさまざまな金属部品のバリ取りに広く使用できます。除去が難しい内部バリ、熱処理後の部品、仕上げ加工に最適です。   

電解法

電気分解による金属部品のバリ取りのための電解加工法。ツールカソード(通常は真鍮)をワークのバリ部分の近くに、それらの間に一定のギャップ(通常は0.3〜1 MM)を置いて固定します。ツールカソードの導電部をバリのエッジに合わせ、他の表面を絶縁層で覆うことで、電解がバリの部分に集中します。加工中、工具の陰極はDC電源の負極に接続され、ワークピースはDC電源の正極に接続されます。 0.1〜0.3 MPaの圧力の低圧電解液(通常は硝酸ナトリウムまたは塩素酸ナトリウム水溶液)が、ワークピースとカソードの間に流れます。 DC電源が接続されると、バリがアノード溶解を生成して除去され、電解液によって取り除かれます。電解液はある程度腐食性があります。バリ取り後、ワークを洗浄し、防錆処理を施してください。電解バリ取りは、隠し部品のクロスホールや複雑な部品のバリ取りに適しています。生産効率が高く、数秒から数十秒しかかかりません。この方法は、ギア、スプライン、コネクティングロッド、バルブボディ、クランクシャフトオイルウェイオリフィスのバリ取りや、鋭い角の丸み付けによく使用されます。欠点は、成形品の近くのバリも電解の影響を受け、表面が元の光沢を失い、寸法精度にも影響することです。  

超音波法

バリを簡単に取り除く方法に関する10の方法3

When the ultrasonic energy generated by ultrasound acts on the liquid in which the vibration is in a sparse state, it will tear into very small holes (that is, the internal is a vacuum). These holes will generate up to hundreds of atmospheric pressure instantaneous pressure when they break, which is called cavitation phenomenon. Ultrasonic deburring is to use the instantaneous impact force of hundreds of atmospheric pressure produced by “cavitation phenomenon” to remove the burrs attached to the parts. Ultrasonic deburring is not applicable to all burrs, mainly for some micro burrs. Generally, if the burrs need to be observed by a microscope, we can try to remove them by ultrasonic method. For the visible burr, it mainly depends on the bonding strength. The burr with weak bonding strength can be treated by ultrasonic. Generally, if the burr can only be treated by the cutter, the ultrasonic method is not available at all. Advantages and disadvantages of ultrasonic deburring.

高圧ウォータージェット方式

その名のとおり、水を媒体とし、その瞬間的な衝撃力を利用して、加工後に発生するバリやバリを除去するとともに、洗浄の目的を達成します。多くのテストの後、30mpa-50mpaの適切な圧力が見つかりました。圧力が不足するとバリ取り効果が得られません。圧力が高すぎるとバリ取りは除去できますが、ワークを破損する恐れがあります。一般的に、油圧部品は使用時に20MPa以内の液圧に耐え、50MPaの圧力では除去できないバリが残ります。数MPaの使用圧力で脱落する確率は非常に低く、バリ根が残っているのもワークの一部であると考えられます。高圧水バリ取り装置のメーカーはますます増えており、簡単にワーク移動型とノズル移動型の2つに分類できます。ワーク移動タイプは、低コストで簡易弁体のバリ取り・洗浄に適しています。その欠点は、ノズルとバルブ本体の嵌合度が理想的ではなく、バルブ本体の十字穴と傾斜穴のバリ取り効果が良くないことです。ノズル移動タイプは、バリが発生するノズルとバルブ本体間の距離を効果的に調整でき、CNC制御により、バルブ本体のクロスホール、傾斜穴、止まり穴のバリに効果的に対応しますが、止まり穴のバリが発生しますこの装置のコストが高いため、車の心臓部と建設機械の油圧制御システムだけがこの治療を楽しむことができます。

バリを簡単に取り除く方法に関する10の方法4

熱爆発法

Also known as electric thermal deburring, thermal deburring is recognized as the most suitable advanced technology for large-scale deburring of small workpieces in the world’s machinery manufacturing industry. Only two domestic enterprises can produce this equipment. It uses hydrogen and oxygen to mix in the closed chamber which is used to treat the workpiece, ignites and burns instantly, and has a violent thermochemical reaction with the workpiece surface burr in a very short time, so as to achieve the purpose of burr removal. Thermal deburring is a special processing technology, which has the characteristics of high efficiency, high universality, good accessibility, even and thorough deburring, smooth workpiece surface, and not limited by workpiece material, shape and burr position. It is especially suitable for deburring of workpieces with complex cavity, intersecting hole system, deep hole, blind hole, threaded hole and other difficult deburring which cannot be solved by other process methods. It can be used for deburring of non-metallic materials such as black, non-ferrous metals and thermoplastics, and for deburring of metal die casting and plastic parts. Because of its high processing efficiency and low direct cost for production, it is especially suitable for large-scale continuous production environment. It is an ideal efficient processing equipment for large-scale industrial production.  

冷凍トリミング法

The thickness of the flash (or burr) of rubber, plastic products, zinc magnesium aluminum alloy and other products is much thinner than that of the products, so the embrittlement speed of the flash (or burr) is faster than that of the products. In the period when the flash (or burr) is embrittlement and the products are not embrittlement, the frozen deburring (trimming) machine strikes the products by shooting projectiles, so as to remove the products in embrittlement The flash (or burr) of. The frozen deburring (trimming) machine is a kind of quick embrittlement of rubber, plastic products, zinc magnesium aluminum alloy flash by using the ultra-low temperature of liquid nitrogen. In this state, the frozen particles ejected at high speed impact the product’s burr (or Flash), so as to not only remove the product’s burr (or Flash) with high quality and efficiency, but also keep all of the product itself Special deburring (trimming) equipment with unchanged physical properties. It can greatly improve the trimming (deburring) accuracy of products and has a high degree of intensification. This kind of equipment has become an indispensable equipment for finishing and deburring of precision rubber and plastic products and die-casting enterprises.  

磁力法

バリを簡単に取り除く方法に関する10の方法5

磁気バリ取り機は、独自の磁場分布を使用して、強力で安定した磁気誘導効果を生み出します。これにより、電磁鋼針(輸入原材料。半永久的)とワークピースを全方向および複数の角度から完全に研削できます。迅速な錆の除去、デッドアングルの除去、バリ取りと刃先の除去、酸化膜の除去、焼結跡の除去の機能を実現します。特に複雑な形状、多穴シーム、めねじ、おねじ、その他のワークでは、その魔法と魔法の効果を発揮し、ワークの表面を傷つけたり、ワークの精度に影響を与えたりしません。ワークを一瞬で滑らかできれいな新しい外観にします。金、銀、銅、アルミニウム、亜鉛、マグネシウム、鉄、ステンレス鋼などの金属部品や硬質プラスチックなどの非金属部品の研削、研磨、バリ取りに適しています。

マニピュレーター方式

それは、機械と精密機械、マイクロエレクトロニクスとコンピューター、自動制御と駆動、センサーと情報処理、人工知能と他の分野の最新の研究結果を包括的に使用する典型的な機械的および電気的統合デバイスです。経済の発展とあらゆる段階での自動化要件の改善により、バリ取りマニピュレーター技術は急速に発展し、さまざまなバリ取りマニピュレーター製品が開発されました。マニピュレーターのバリ取りの実用性は、人力だけでは解決できない多くの実用的な問題を解決するだけでなく、産業オートメーションのプロセスも促進します。

バリ取りマニピュレーターの代表的な部品は、アルミニウムハブ、周波数変換器ハウジング、シンクロナイザーハウジング、シンクロナイザーギアハブ、ベアリングカバー、シリンダーブロック、バルブボディ、バルブカバー、出力シャフト、エンジンギアなどです。

自動バリ取りおよび研削ブラシ

ファイバーブラシは150°Cまでの動作温度に耐えることができます。クーラントがなくても機能します。また、研磨ブラシは耐水性が高く、クーラントの影響を受けません。特に薄いワークやワークのエッジなど、ワークのバリを取り除くことができます。

表面研削:パイプ、ジョイント、シャフトの研削。スタンピングやレーザー加工の内孔のバリを研削ブラシで除去できるため、自動車の精密金属部品の複数のエッジにバリが発生しません。