日常の生産において、旋削工具の材料と形状の合理的な選択は、労働生産性と部品の加工品質に直接影響します。切削の過程で、工具は大きな切削力と衝撃力に耐え、高温で動作し、回転工具の摩耗や損傷を引き起こしやすい強い摩擦と押し出しに耐えなければなりません。工具の材質が適切に選択されていないと、部品が使用要件を満たしていないため、材料の無駄が生じ、工作機械や設備が早期に損傷し、大きな経済的損失が発生します。したがって、異なる加工材料に応じて異なる工具材料を選択する必要があります。切削工具の材料を適切に選択することで、労働効率を向上させ、加工品質を確保できるだけでなく、コストを節約し、労働者の労働集約度を下げることができます。

工具材料の合理的な選択s

工具材料には、主に炭素鋼、合金鋼、高速度鋼、超硬鋼、セラミック、超硬工具材料が含まれます。

いくつかの条件下での旋削工具の形状の選択の考え方2

炭素工具鋼と合金工具鋼は、主に工具、金型、測定工具の製造に使用されます。

高速度鋼は、タングステン(W)、モリブデン(Mo)、クロム(Cr)、バナジウム(V)などの合金元素を多く含む工具鋼です。高速度鋼工具は、製造が容易で、研削が容易で、研削により鋭利になりやすく、靭性が高く、衝撃力が大きい場合によく使用されます。特に、さまざまな複雑な成形工具や穴加工工具の製造に使用されます。高速度鋼は、タングステンとタングステンモリブデンに分けることができます。タングステン高速度鋼(W18Cr4V)は現在広く使用されていますが、耐熱性が悪いため高速切削には使用できません。タングステンモリブデン高速度鋼(w6wo5cr4v2)は、熱間圧延工具、ツイストドリルなどの製造に使用されます。

超硬合金は粉末冶金製品の一種で、タングステンと炭化チタンの粉末とコバルトをバインダーとして使用し、高圧プレス後に高温で焼結します。現在最も広く使用されている旋削工具の材料です。組成により、一般的に使用されるタングステンコバルト合金(Kタイプ)、タングステンチタンコバルト合金(Pタイプ)、タングステンチタンタンタルコバルト合金(Mタイプ)の3種類があります。タングステンコバルト超硬合金は、タングステンカーバイド(WC)とコバルト(CO)で構成されています。これらは主に鋳鉄、脆性材料、または衝撃の強い場合の処理に使用されます。一般的に使用されるコードは、K01、K10、およびK20です。通常、K01は仕上げ、K10は半仕上げ、K20は荒加工に使用されます。タングステンチタンコバルト超硬合金は、タングステンカーバイド、コバルト、チタンカーバイドで構成されています。鋼などの靭性の高いプラスチック材料の加工には適していますが、脆く、耐衝撃性がなく、脆性材料の加工には適していません。一般的なコードはP01、P10、P30です。通常、P01は仕上げ、P10は半仕上げ、P30は荒加工に使用されます。タングステン、チタン、タンタル、コバルトは、長いチップまたは短いチップを持つ鉄および非鉄金属の処理に適しています。一般的に使用されるコードはM10とM20です。 M10は仕上げに使用され、M20は荒加工に使用されます。セラミック切削工具は、主に非鉄金属、鋳鉄、焼入れ鋼の半仕上げと仕上げに使用されます。超硬材料は立方晶窒化ホウ素とダイヤモンドです。立方晶窒化ホウ素は、合金、焼入れ鋼、冷間鋳鉄の半仕上げと仕上げに使用されます。ダイヤモンドは、非鉄の金属や合金、および高硬度の耐摩耗性材料を正確に切断できます。

ねじ切りカッターの選択s

いくつかの条件下での旋削工具の形状の選択思想3

ねじ山削り工具の選択は、あらゆる種類の機械製品で広く使用されており、ねじ山とウォームのある部品が広く使用されています。異なる角度のねじ切り工具は、異なるねじに応じて選択されます。

(1) there are two kinds of triangular thread turning tools: high speed steel and hard alloy. The high-speed steel thread turning tool has the advantages of convenient grinding, easy sharpening, good toughness, not easy to crack the tip of the tool, small surface roughness value of the thread, but poor heat resistance, which is only suitable for low-speed thread turning. Hard alloy thread turning tool has high hardness, good wear resistance, high temperature resistance, good thermal stability, but poor impact resistance. Therefore, carbide thread turning tool is suitable for high speed cutting. In high-speed cutting, the actual profile will be enlarged, so the sharp angle of the tool should be reduced by about 30 ‘, and the roughness of the front and back face of the turning tool must be very small.

(2) when turning trapezoidal thread, the radial cutting force is large. In order to reduce the cutting force, it can be divided into rough turning and finish turning. During rough turning, in order to facilitate left and right cutting and reserve the finishing allowance, the width of the cutter head shall be smaller than the width of the bottom of the alveolar, the back angle of the diameter shall be about 8 °, the front angle shall be 10 ° – 15 °, the back angle of both sides shall be (3 ° – 5 °) ± ψ (thread rising angle), and the tooth angle shall be 30 ° 0 – 30 ′. The front angle of high-speed steel finishing tool diameter is 0, and the angle between the cutting edges on both sides is equal to the tooth angle. In order to ensure the smooth cutting on both sides of the cutting edge, the cutting edge should be grinded with a large rake angle (10 ° – 16 °). However, it must be noted that the cutting edge at the front end of the turning tool cannot participate in the cutting. The high-speed steel ladder thread turning tool can process the thread with high precision and small surface roughness, but the production efficiency is low. In order to improve production efficiency, carbide turning tools can be used for high-speed cutting when turning general precision threads.

いくつかの条件の下での旋削工具の形状の選択思想4

(3) there are two kinds of commonly used worm: metric (20 °) and British (14.5 °). British worm is rarely used in China. Metric worm is mainly used. High speed steel turning tool is generally used for worm turning, and rough turning and fine turning are used for turning. During rough turning, it is required that the included angle between the cutting edges on the left and right sides is slightly less than twice the tooth shape angle, the width of the cutter head is less than the width of the tooth root slot, the left and right radial front angles of 10 ° ~ 15 ° are ground, the back angles of both sides are (3 ° ~ 5 °) ± ψ, and the cutter tip is properly rounded. When finishing, the included angle between the left and right edges is equal to twice of the tooth shape angle and should be symmetrical. The straightness of the cutting edge is better, the surface roughness value is small, and the chip rolling groove with large front angle (15 ° – 20 °) is ground. The above are only some basic ideas for the selection of turning tool materials and shapes. Due to the wide variety of cutting tools, the structural types and processing requirements of parts vary greatly. In practical operation, there is still a need for experience. Skilled personnel conduct scientific analysis based on the production conditions of schools and enterprises (production, planning, production compactness, scale, capital, etc.) and the conditions of processing parts and equipment, and select the cutting tools with reasonable performance and price, In this way, we can give full play to the potential of the equipment, ensure the processing quality, improve the processing efficiency, and improve the experience and efficiency of the enterprise.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。