ローリングとは何ですか?

圧延とは、回転する一対のロールの隙間(様々な形状)を金属ブランクが通過する加工方法であり、ロールの圧縮により材料断面が縮小され、長さが長くなります。鋼を製造するための最も一般的な製造方法であり、主に製造に使用されます。プロファイル、プレート、チューブ。

ローリングの利点

インゴットのキャスト構造を破壊することができます。さらに、鋼の結晶粒を微細化することができ、微細構造の欠陥を取り除くことができます。鋼構造がコンパクトになり、機械的特性が向上します。この改善は主に圧延方向に反映されているため、鋼はある程度等方性ではなくなり、気泡、亀裂が発生します。鋳造時に発生する緩みは、高温高圧下でも溶接できます。
ローリングの欠点
1.圧延後、鋼内部の非金属介在物(主に硫化物と酸化物、およびケイ酸塩)がプレスされて薄いシートになり、層間剥離(サンドイッチ)が発生します。デラミネーションは鋼の厚さ方向の引張特性を大幅に低下させ、溶接部が収縮すると層間裂けが発生する可能性があります。溶接収縮によって引き起こされる局所的なひずみは、降伏点ひずみの数倍に達することが多く、荷重によって生じるひずみよりもはるかに大きくなります。
2.不均一な冷却によって生じる残留応力。残留応力は、外力のない内部自己相平衡応力です。さまざまな断面の熱間圧延鋼には、このような残留応力があります。一般鋼の断面サイズが大きいほど、残留応力が大きくなります。残留応力は自己相平衡ですが、それでも外力を受けた鋼製部材の性能にはある程度の影響があります。変形、安定性、疲労などの悪影響がある可能性があります。
3.熱間圧延鋼製品は、厚さおよび側面幅が適切に制御されていません。私たちは熱膨張と熱収縮に精通しています。長さ、厚さが標準に達していても、最初から熱間圧延を開始するため、冷却後はマイナスの差が出てきます。負の差の幅が広いほど、厚みは厚くなります。したがって、大きな鋼の場合、鋼の側面の幅、厚さ、長さ、角度、およびエッジをあまり正確にすることはできません。

鍛造とは?

これは、鍛造機を使用して金属ブランクに圧力を加えて塑性変形させ、特定の機械的特性、特定の形状およびサイズの鍛造品を得る鍛造(鍛造およびスタンピング)の2つの主要コンポーネントの1つです。鍛造により、精錬プロセスで金属によって引き起こされる鋳造時の緩みなどの欠陥を排除し、微細構造を最適化することができます。同時に、鍛造の機械的特性は、保存が原因で同じ材料の機械的特性よりも一般的に優れています。完全なメタルフローライン。高負荷で過酷な作業条件を持つ関連機械の重要な部品には、利用可能な圧延板、プロファイル、または溶接部品を除いて、鍛造品がよく使用されます。
鍛造の特徴:
鋳造と比較して、金属を鍛造すると、鍛造後の微細構造と機械的特性を改善できます。鍛造法による鋳造構造の熱間変形後、元の粗い樹枝状結晶と柱状結晶粒は、金属の変形と再結晶化により、細粒で均一なサイズの等軸再結晶組織になり、元の偏析鋼塊、ルーズ、気孔、スラグの介在物の圧縮と溶接により、構造がよりコンパクトになり、金属の可塑性と機械的特性が向上します。
鋳造品の機械的特性は、同じ材料の鍛造品よりも低くなります。さらに、鍛造プロセスは金属繊維構造の連続性を確保できるため、鍛造ピースの繊維構造は鍛造ピースの形状と一致し、金属の流線が完成します。これにより、良好な機械的特性と精密金型鍛造と冷間押出しにより、部品の長い耐用年数。温間押出などのプロセスで製造された鍛造品は、鋳造品とは比較になりません。

鍛造品と圧延ワークの比較:

a。鍛造品の軸方向と半径方向の機械的特性の差は、圧延部品の機械的特性よりも小さくなります。つまり、鍛造品の等方性は圧延部品の等方性よりもはるかに高いため、鍛造品の寿命は圧延部品よりもはるかに長くなります。圧延部品。下の図は、Cr12MoV圧延シートのさまざまな方向における共晶炭化物の形態の金属組織図を示しています。
b。変形の程度から、鍛造品の変形の程度は、圧延片の変形の程度よりもはるかに大きく、すなわち、鍛造による共晶炭化物を破壊する効果は、圧延の破砕効果よりも優れている。
c。加工費に関しては、鍛造のコストは圧延のコストよりもはるかに高くなります。一部の主要部品、大きな負荷または衝撃を受けるワークピース、複雑な形状または非常に厳しい要件を持つワークピースでは、加工に鍛造プロセスを使用する必要があります。
d。鍛造は完全な金属の流線を持っています。圧延後、メカニックは金属流線の完全性を破壊し、ワークピースの寿命を大幅に短縮します。下の図は、ワークピースの鋳造、機械加工、鍛造のメタルフローラインを示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ja日本語