固体
超硬ドリルビット

The Carbide drill bit is a hole-drilling tool made from tungsten carbide material. They provide the best combination of penetration rate and precision. It can be used in drilling holes out of all kinds of metal materials like steel, aluminum, and bronze along with other non-metal materials like wood, concrete, masonry, tile, and more.

We manufacture and stock carbide drills for different applications. Our standard ones are 3D and 5D carbide drills for general purposes with bronze coating. The drill bits' substrate material, geometry, and coating can determine their drilling performance in certain materials. And we can manufacture as per your requirements.

CNCドリリングとは?

穴あけは穴加工の基本的な方法です。穴あけは、穴あけ機や旋盤で行われることが多く、ボーリングマシンやフライス盤でも行うことができます。一般的に使用される掘削機には、ベンチ掘削機、垂直掘削機、およびラジアル掘削機があります。

穴あけ動作は以下を構成します:ドリルビットの回転動作が主な切削動作であり、加工精度が低い。

ビットで固体材料に穴を開けるプロセスは、穴あけと呼ばれます。穴あけは、穴加工の基本的な方法の1つです。穴あけは通常、穴あけ機または旋盤、またはボーリングマシンまたはフライス盤で行われます。

穴あけ機は穴加工の主要な工作機械です。穴あけは、主にドリル(ツイストドリル)を用いたドリルプレスで行われます。旋盤で穴をあけると、ワークピースが回転し、工具が送り動作を行います。穴あけ機での加工中、ワークは移動せず、主回転運動を行い、軸方向に移動して送り動作を行います。

したがって、ドリルマシンは、対称的な回転軸を持たないワークピースの穴の加工、特にキャビネットやラックなどの部品の穴の加工などの多孔質加工に適しています。ボーリング穴あけ機に加えて、リーマ、リーマ、ボーリング平面、タッピングなどの作業も完了できます。

Solid or Coolant Carbide Drill Bits?

The internal coolant carbide drill is always preferred to avoid chip jamming when drilling deeper holes (4-5 × DC),especially in long chipping materials.

HSSドリルと比較

当社の超硬ドリルビットは、アルミニウム、鋼、非鉄重金属、ステンレス鋼などの材料での産業用です。超硬ドリルビットは、HSSまたはコバルトよりも長い鋭い刃先を維持し、熱をより効率的に吸収するため、より高速で動作します。

私たちは、幅広いサイズの超硬ドリルを介して固体とクーラントの両方を供給します。当社のクーラントドリルは、標準でAlTiNコーティングが施されており、ドリル穴あたりのコストが高くなります。